〒 504-0852
岐阜県各務ヶ原市蘇原古市場町2-110
TEL & FAX : 058-371-3673
OPEN  CLOSE
10:30 ~ 19:30
Closed Thursday
Moat Tail Motorcycle
Moat Tail(モートテール)ではNorton, Triumph, BSA等のクラシックバイクの各種サービスを 行っております。 英車に関することなどお気軽にご連絡ください
ホームページへ戻る

このページ内の記事タイトルリスト

ノートンツイン 750 カフェレーサー

先日の3連休は沢山のご来店有難うございました。
IMG_1143.jpg

昨年末に完成納車しましたノートン750カフェレーサーの初回点検です。
この車両は持ち込み修理だったのですがとても苦労が多い車両でした。
しかし、オーナーの熱意で予算と時間をたっぷりとかけてビッシと仕上げました。


結局、メッキ、塗装等の化粧作業以外は全て行いました。
エンジン、ミッション、プライマリー、フォーク、電装、配線、ブレーキ、スウィングアーム、リアリムスポーク、、、、etc
フルオーバーホールです。

完成後、1000キロ弱の走行です。
IMG_1144.jpg

プラグの焼けもヨロシ。

#それと少し話それますが、オイルタンクにブリーザーが入っている場合、オイルタンクキャップ裏に白いニュルニュルが付いていると思います。(トラだと後ろまで伸ばしているブリーザーホースから)
これって大丈夫ですかって良く聞かれるのですが、全く問題有りません。
むしろ良い事です。
クランクケース内等の水分がこの様な状態になって出て来ているだけです。
特に冬場の方が沢山出ます。
また、長い間動かしてなかった車両は再始動の後に沢山出ます。
ノートンのオーナーはオイルタンクキャップの裏の白ニュルニュルをたまにふき取ってあげて下さい。
IMG_1146.jpg

オイル交換、腰上ネジの増し締め、タペット調整の後、試運転しました。

実に好調で御座います。
IMG_1148.jpgIMG_1149.jpg


私はやっぱり好調な英車に乗るのは大好物です。
オーナーにも車両の良さを目一杯楽しんで頂ければ何よりです。
IMG_1150.jpgIMG_1154.jpg


好調な車両に仕上げるにはそれなりの予算と時間が絶対必要です。
車両単体で有れば安い物も世の中には一杯あります。
IMG_1157.jpg

車両を手に入れることと、好調な車両に仕上げる事は別の話ですよ。

その辺を理解してお近くの信頼の出来る英車専門店に一から相談する事が一番の近道です。
その中に当店も入っていればこれ幸いで御座います。






Two Norton Commando 750

車検業務完了の73年ノートンコマンド750と、オイル交換でご来店の72年コマンド750です。
IMG_0559.jpg

時々同じカラーリング、同型の車両が揃う事が有ります。
いつも一台が二台に増えたら良いのにと思います。
IMG_0563.jpgIMG_0562.jpg
お二人様お土産有難うございました。

もっとノートンツインオーナーが増える事を希望します。
ノートンツインをお探しの方、是非ご相談下さい。
本気のご相談お待ちしています。
IMG_0561.jpg



ノートンコマンドリアブレーキ

IMGP4480.jpg

ノートンコマンドリアブレーキ分解洗浄後です。
(写真以外にも数点部品有ります)
これだけの部品点数有ります。

全てに役割が有り、必要な部品です。

トライアンフもそうなのですが、こういった部分の部品に欠品が有る車両が非常に多いです。
絶対に必要な部品が入っていないとか・・・。
悲しいですね。

貴重な英車なんでしっかりとした修理、整備をして良いコンディションで楽しみたいですね。

ノートンアトラスシリンダーフィン

再生です。
修理で使用する為、中古で入手したシリンダーです。
ボアはスタンダード。
フィンが一枚割れていますが極上のシリンダーです。
IMGP2687.jpg

ピースを作って溶接して仕上げてしまえばバッチリ。
IMGP2688.jpgIMGP2692.jpgIMGP2694.jpg

この車両はシリンダー、シリンダーヘッド共に問題があり交換が必要です。

消耗品で無い部品の交換の必要が多い車両は修理に時間が掛かってしまいます。

ノートンアトラスカフェレーサー

ノートンアトラスカフェレーサーの修理です。
今回この車両は初めてお預かりする車両です。
P1050767.jpg

オーナー様、作業開始随分と遅れましてすいません。

サイドスタンド折れに始まりエンジン始動困難との事。

確かにエンジン掛かりません。
キセキ的に掛かってもアイドリング出来ません。

バラしていきます。

なぜだかヘッドの隙間からヘッドライトリムクリップ発掘!!
P1050769.jpg

ギアボックススプロケデカ過ぎです。
P1050921.jpg

タイミングサイド。
オイル焼けすぎです。
因みに、良いオイルを使えばこの様なオイル焼けが起こることは有りません。
当店推奨オイルはヤッコです。
是非、試してみてください。P1050776.jpg

シリンダー、ヘッドは状態が悪く、別途中古良品に交換します。
早くコンディションの良い物が見つかる事を願いながら探します。
P1060050.jpg

この車両はいつ、どこでかは分かりませんがサーキット走行をしていた車両と思います。
しかも、アマチュア整備が沢山あります。
修理する時はその場シノギではなく後の事も考えてしっかりと直して行かないといけません。

しっかりとした修理には時間と必要な予算は絶対条件です。
早くて、安くて、良い修理は不可能です。

P1060049.jpg
分解、洗浄済み。

1972年ノートンコマンド車体

先日、こちらでご紹介したコマンドの車体です。

フォーク、リアスウィングアームまでバラしていきます。
P1050615.jpgP1050558.jpgP1050559.jpgP1050560.jpg

今回は、フロントフォーク三ツ又が中々外れずかなり苦労しました。
ステアリングベアリングは中々のサビ具合。
P1050571.jpgP1050572.jpg

結局はフレーム単体になってしまいます。

その段階でサイドスタンドプレートの部分にクラックを発見してしまいました。
P1050599.jpg

塗装を部分的に剥がして見てみると、単純に溶接ビード部分にクラックが入っているだけでした。

その部分を削り取って再度しっかり溶接しておきます。
P1050611.jpg

今回はフレームは塗る予定ではありませんでしたがサイドスタンドの部分が塗装痛みましたし折角なんで塗ることになりました。

なので、塗装前にステアリングストップの部分も直しておきます。
P1050601.jpgP1050610.jpg

その他、オイルタンク、エンジンハンガーも直しておきます。
P1050594.jpgP1050597.jpg
P1050562.jpg
P1050590.jpgP1050593.jpg

小物を少し塗に出しますか的な話でしたが・・・。
それ以上は突っ込まないで下さい。
P1050566.jpgP1050567.jpg

そして、塗装に旅立ちます。

1972年ノートンコマンド750 ロードスター

昨年、ご成約頂きましたノートンコマンドの整備です。

エンジン、ミッション、プライマリーオーバーホール&アイソラースティックマウント、車体回りのフルコース中です。

中々課題が多く思うように作業進んでいませんでしたがエンジン、ミッションは概ねの問題をクリアーして組み付け中。

この車体はコンバットエンジンです。

通常のエンジンに比べ高圧縮、ハイカムを搭載しています。
しかし、ブリーザー(コンバットブリーザー)やクランクケースなど課題が有りますので色々と対策して組んで行きます。
クランクシム調整もバッチリ決まりました。
P1050405.jpg
カムブッシュも交換、カムも痛みがあったので新品に交換です。
この後、新品カムに危なくやられる所でしたが今回は事前に気がついてセーフでした。
P1050304.jpgP1050303.jpgP1050413.jpg

オイルポンプもギア欠けが有り新品に交換です。
安く無い部品です。
P1050502.jpg

ミッションはチェンジ機構部分はサビが多かったため通常では交換しない部品も交換しました。
トラもそうですが、長期不動、水の混入などによってこの部分はサビが出やすい部分です。
ミッションオイルレベルより高い位置にある部品はその様な傾向です。
P1050311.jpgP1050312.jpgP1050314.jpg

ミッションインナーカバーに不良を発見。
新車からの不良と思われます。
やっぱり英車は組む人の知識、技量によってその仕上がりが大きく変わるとゆう事を改めて感じました。
知らない人が組んだらそれまでの話ですからね。
P1050483.jpgP1050323.jpgP1050494.jpg


後は車体に載せてからの作業になります。
P1050503.jpgP1050500.jpg
今日は雪がチラつきクソ寒かったです。
明日から気温上がるようですね。
もう寒いのは結構です。

ノートンコマンド850 修理

雨の日のスリップして転倒のコマンドの修理です。
幸い人間へのダメージはほぼ無く一安心。

車両のダメージは少々。

フロントフォーク曲がり。
P1040274.jpg

フレーム、三ツ又にはダメージ無しでこれ幸い。
P1040276.jpg

ハンドル曲がり。
P1040308.jpgP1040309.jpg

ウィンカーステー曲がり。

左ステップ折れ、ブレーキペダル曲がり。
P1040283.jpgP1040284.jpgP1040285.jpg

路面濡れている時は注意が必要ですね。
私も嫌な思い出ありです。
これから秋のツーリングシーズンですが安全第一で行きましょう。

当店秋のツーリングは10月26日~27日です。
一泊で英車の集ひに参加します。
詳細は近日中にお知らせします。
一泊ですので事前に申し込み必要ですのでご注意ください。

1972 Norton Commando750 到着

今年2月にご成約頂きましたノートンコマンド750がアメリカよりやって来ました。
P1030657.jpg

やっぱりロードスターはかっこいいですね。
P1030656.jpg

車体のコンディションはまずまずといった感じです。
P1030654.jpg

早速オーナーに現車確認に来て頂き今後のプランの相談です。
今回はオーナーにエンジン、ミッション、電装、ブレーキ強化とバッチリ仕様のオーダーを頂いております。予算もしっかり見て頂いてます。
P1030655.jpg

そこまで言って頂けると気合が入ります。

バッキバキに仕上げちゃいます。

また、車両も気に入って頂きまして良し良しです。

この車両と、オーナー同い年だそうで。
そんな事全然気にしていなかったそうですが。
いやー、巡り合わせってあるもんですね。
それだけでも愛着が倍になっちゃいますね。

お土産頂いちゃいました。
有難う御座います。
P1030653.jpg



しっかりと修理をするには予算と時間に余裕が必要です。

ノートンコマンド リアパニア

車検、各所整備でお預かりのノートンコマンド850です。
しかし、コマンドは本当にもの凄く走りますね。
速すぎです。

今回のお預かりの中の課題の一つがリアパニアの装着です。
一応、コマンド用で売っているのですがそこは流石にあちらの製品ですのでポン付と言う訳には行きません。
スペーサー作ってマフラー逃がしたり、ステーの取り付けがすんなり行かなかったりといつもの感じです。

パニアボックスはドイツ製の高級品。
P1030548.jpg

サイドパニアの容量は左右で40L。
トップは38L。
スイカも楽に入ります。
もちろんゾウも入ります。
申し訳ありませんが夢は詰まっていいません。
P1030550.jpg


フル装備。
P1030544.jpgP1030545.jpgP1030543.jpg

カッコよすぎます。
ヨーロッパ丸出しですね。
こうなるとガソリンタンクとエキパイサイレンサーをインターステーツにして・・・。
またしても物欲が出てしまいますね。

オーナーもパニアの品質、ルックスに激惚れして頂き満足、満足。

いやー、もっとツアラーにしたいな。
遠出したくなる車両ですね。

必要無い時は外してしまえばOK。
P1030553.jpgP1030552.jpg


多分いないと思いますがこのパニアが欲しい方はご注文ください。
パニアステーは黒バージョンも有ります。
サイドパニアも左右で40L、30Lとあります。
ご注文はこちらから
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
月別アーカイブ

リンク
カテゴリー
ブログ内検索

プロフィール

モートテール

Author:モートテール
モートテールモーターサイクル
(英国旧車専門店)
URL www.moattail.jp
TEL&FAX 058-371-3673

FC2カウンター

RSSフィード