〒 504-0852
岐阜県各務ヶ原市蘇原古市場町2-110
TEL & FAX : 058-371-3673
OPEN  CLOSE
10:30 ~ 19:30
Closed Thursday
Moat Tail Motorcycle
Moat Tail(モートテール)ではNorton, Triumph, BSA等のクラシックバイクの各種サービスを 行っております。 英車に関することなどお気軽にご連絡ください
ホームページへ戻る

トライアンフ別体ギアボックス修理

先日、納車したリジッドサンダーバードのギアボックス修理の件です。

そもそも、この車輌のギアボックスをバラすキッカケはアウターカバーにクラックが入っていたのと、オイルレベルスクリューのケース側雌ネジ破損の修理をする為でした。
P1020887.jpgP1020888.jpgP1020889.jpg

しかし、開けてみれば当然それだけで終わるはず有りません。

結局、ギアボックス全部やってしまいます。
P1020890.jpgP1020891.jpg

部分的に修理をして良くなる車両はかなりコンディションの良いものだと思います。
大体開けてみたらあっちもダメ、こっちもダメ的なパターンが殆どです。
なので、ある程度区切りの付く所までしっかり一度に手を入れることをお勧めします。
でないと、後後この前そこをバラして修理したんだけど、今度はこの前修理した所をバラしてその奥の部分を、みたいな事が起こってしまいます。(文章にすると伝えにくい。意味伝わりますかね?)

エンジン、ミッション、プライマリー、フロントフォーク前輪、リアスウィングアーム後輪、電装一式の様にセクションに区切って一部分づつしっかり直していくことが最良かと。

今回はオーナーの了解を頂いておりますのでミッション、プライマリーはしっかりと直します。
P1020904.jpgP1020907.jpgP1020909.jpg
↑クラッチアジャスター部分の溶接修理

そこで問題が発生したのですが、元々この車両は走っていた車両です。
なんですが、ギアボックスメインシャフトが曲がっていました。
バラして洗浄している時に気がついたのですが、部分的にあまり見慣れない傷の入り方をしていたので入念にチェックをしたら曲がっていました。
P1020940.jpg

そうやって一つずつしっかりと部品交換して直していかなければ良いバイクにはなって行きません。
P1020932.jpgP1020939.jpgP1020976.jpg

40年も50年も前の車両です。
しっかり修理すれば驚く程快適に楽しむことが出来ます。
しかし、そのコンディションを維持していく為にはそれなりに手を掛けてやらなければいけません。
現行の車、バイクのようには決して行きません。
でも、それもこの様な車両を所有、維持していく為の楽しみでは無いでしょうか?

現在の価値観で見てしまえば考えられない事かもしれませんね。
でも、これは趣味のお話ですので。
手間の掛からない趣味なんか面白くも何ともないと思います。

P1020974.jpgP1020975.jpg
↑完成 当店特注オイル漏れ対策ブッシュを使用しています。
その他にもオイル漏れ対策済みで、消耗品は全部交換して組み上げています。
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
月別アーカイブ

リンク
カテゴリー
ブログ内検索

プロフィール

モートテール

Author:モートテール
モートテールモーターサイクル
(英国旧車専門店)
URL www.moattail.jp
TEL&FAX 058-371-3673

FC2カウンター

RSSフィード